hiru

二次会で疲れないヒールを選ぶポイント

ヒールの高さに注目しよう

二次会で疲れないヒールの選び方のポイントは、やはり7センチ以上の高いヒールのものを履かないようにすると良いと思います。

最近は8~10センチくらいの高いヒールのパンプスが結構多く売られています。

そのそういったヒールの高いパンプスを履くと、足が疲れてしまいますし、自分だけだ目立ってしまうことになりますので、あまりおすすめ出来ません。

また、ヒールの高いパンプスを履いていると、確実に足の裏が疲れてきてしまうんです。

ヒールが全く無いパンプスを長時間履いていても、足の裏は痛くなりにくいです。

ヒールが高いパンプスを履いている状態は、無理に背伸びしている状態が続いているということになります。

なので足の裏に負担がかかってしまうんです。

太いヒールの場合はまだ足の裏の負担が少なくなりますが、細いヒールの場合はなお足の裏に負担がかかってしまうんです。

ヒールが全く無いパンプスを履いている状態は、家の中を素足で歩いているのとほとんど変わらない状態ということになりますので、足の裏が痛くなったり足が疲れたりしないんです。

ただ二次会で低いヒールのパンプスを履いていますと、華やかさに欠けてしまうのであまりお勧めできません。

なので5~7センチくらいのヒールのパンプスを履くと良いと思います。
やはり5~7センチくらいのヒールのパンプスですと、ドレスと合わせて履いた時に一番華やかな雰囲気になりますし、足もそこまで疲れずに済みます。

ヒールも太いものと細いものがありますが、二次会でよく動き回るのであれば、太めのヒールのものだと足の裏が疲れにくくなります。
そして細めのヒールのものだと足の裏が疲れてしまうので注意しながらパンプスを買うと良いと思います。
リボンが付いていたり、サテン生地のパンプスを合わせて履くと良いと思います(*´ω`)

安定感のあるヒールを選ぶ

太めのヒールだと安定感があって、歩くのにも立つのにもピンヒールに比べると圧倒的に楽です。

ピンヒールだと無意識に全ての動きに気を付けなければなりません。

少しでも安定を崩すとガクッとつまずいたりして危険です。

つま先や踵、また足全体のみならず、全身について動作に気を付ける感じになります。

履き慣れていればそれなりに平気かもしれませんが、二次会やパーティーのような場でたまに履く場合は気を張っていないと危ないです。

その点、太めのヒールだと文字通り安定感があります。ピンヒールは点で支えますが、太めのヒールなら踵全体で支えられます。

その分体全体に集中力を巡らせなくて良いのが楽です。

それでもヒールを履き慣れていないとつま先や足全体が痛くなったりします。

そんな場合はヒールの中でもウェッジソールがとくにおすすめです。

踵が細くなっているタイプの華奢に見えるウェッジソールだとさらにパーティーになじみますし、それでも踵だけにヒールがある靴より、土踏まずやつま先の足全体に重心が分散されるので、ずいぶんと楽です。

ウェッジソールはもしかしたらカジュアルに見えるからと避ける人もいるかもしれませんが、選ぶカラーをゴールドにしたり、素材をエナメルのものにするなどで十分に対応可能です。

ウェッジソールの中には、ソールがプラットフォームになっているものもあって、それだとさらに高さが高くなるものの、安定感は普通の細めのヒールに比べるとずっとあります。

そしてある程度高さがある方がパーティーには向くと思われるのでそのタイプも良いです。

またサンダルやミュールのような踵が安定しないタイプも疲れますので、パンプスタイプで踵を覆うものや、踵にストラップがあって安定するものを選びます。

私はさらに、つま先が尖っている靴は足が痛くなるので、つま先が丸めのものを選びます。

ヒールだとさらに尖った先端に足全体が滑ってぎゅーっとつま先が締め付けられてつらいです。

つま先が適度に丸ければ、そのような事もありませんので良いです。

結果としてまとめると、私ならウェッジソールで踵にホールド感のある、エナメルなどの光沢のある靴で、つま先の丸い靴を選びます。

それによってつま先の締め付けは少なくなり、ヒールによる不安定感も減り、足のみならず腰などにも負担が少なくて楽になります。

キャバサンダルが激安で買えるおすすめ通販サイト

2015.12.17

【キャバ嬢の私服】同伴の時にぴったりな服装のオススメ通販ショップ9選

2015.06.12

キャバドレス通販おすすめトップ8

2015.06.09
hiru