お客さんとのメール

お客さんとメールをする間隔は一定の時間をおく

ずっとメールしているとすぐに返事をしなくてはならなくなる。

お客さんからのメールにすぐに返事をしていると気付けばずっとメールしなくてはならない状況に陥ってしまっていることもある。もちろんいくらキャバ嬢だからといえどプライベートの時間は誰だって欲しいはず。しかし収入をさらに増やしたいと考えるならメールではある一定の距離を保ちながらメールをするのがベストである。その一つとしてメールの返事を送る間隔をマスターする必要があります。

返事は基本的に1時間以上は返さないでおこう。

あなたが悲観に余裕があるときにお客さんからメールがきたら、すぐに返事を返していませんか?
もしそうしているのならある程度の時間をあけるべきです。メールはすぐに返しているとこの子はメールをすぐに返してくる子なんだと思われてしまいます。逆に1時間以上あけることにより焦らすということにも繋がりますしあなたからのメールのありがたみがわくでしょう。お客さんの職種や忙しさによってはもっと時間をあけるということも可能ですのでもう一度考え直してみましょう。

たまにはすぐに返事をするときも作ろう

メールでお客さんに営業をかける際にはすぐに返事をしてしまうことが多々あります。もしそうなってしまうとお客さんからすると営業だけはすぐに返事してくるなという印象を与えてしまいます。そうならないようにするためには普段からたまにはメールを早く返すようにしましょう。お客さんの中には常にメールをすぐ返してくる人もいます。そのような人には時間をあけるのとすぐに返事をするのを織り交ぜるととても効果的にあなたの虜になるでしょう。

お客さんとのメール