メールをし続けて固定客にする方法

メールをするだけでフリーのお客さんを固定客にする方法

iphone-410324_1280
キャバクラでお客さんに接客をするならば、どうにかして自分の固定客になってもらいたいと誰もが思うはずです。
固定客にするにはお店でしっかりとした接客をすることも大切ですがプライベートの時間を削ってでもメールをするということがとても有効的です。ではどのようにメールをすればいいのかを解説したいと思います。

営業メールであることを気付かれないようにしよう。

お客さんにメールを送る時に営業であることを気付かれてしまうと、お客さんとしても少し冷めてしまいます。
もちろんあなたはお客さんのことを好きでもないですし友達でもありません。勘違いされてしまっては困りますのである一定の距離は保ちたいところです。しかし、営業であることを隠すためには以下のことに注意していれば勘付かれるリスクもかなり減るでしょう。

必ず相手を気遣う事を忘れないようにしよう。

メールを送る時には相手のことを気遣うことを忘れないようにしましょう。なぜかというと、自分のことを心配してくれている人に悪い印象を持たないからです。ではどんなメールを打てばいいのでしょうか。

  • 今日も遅くまでお仕事ご苦労様です。
  • 最近寒いけど体調は大丈夫かな?
  • お仕事ばかりだと疲れちゃうと思うからたまには息抜きだって大切だよ。
  • 今日、○○を見たらあなたのこと思い出しちゃった。いろいろとうまくいってる?

このように相手のことを気遣いながらメールを始めましょう。印象は悪くなることはほぼありません。

すぐに店に呼ぶのではなく何回かメールをしよう。

よくやってしまいがちなミスが、今からお店に来ない?と。二通目三通目で店に誘ってしまうということです。
これは最終的に営業だとバレてしまいます。今日の約束ではなく後日の約束をすることに徹しましょう。

疑問文攻撃でメールを続けさそう。

メールに疑問文が入っていればお客さんも返さざるを得ません。そのように何回も連絡することにより親近感がわきますね。そこで十数通のメールをした後にお客さんを店に誘うことができればベストです。とはいうものの時間の関係もありますので、寝る前に誘ってメールをやめるのがいいでしょう。
こんなにメールしてたら会いたくなっちゃったとでも送ってみましょう。
すぐに店に来てくれるはずです。
このようにメールでお客さんを固定客にすることができますので、メールのスキルは磨いておきましょうね。

メールの内容は必ずメモしておこう

大事なお客さんとメールをするのは当然ですが、相手が複数人になってしまうとさすがに記憶力のいい人であってもだれと何をメールしたのかを忘れてしまいがちです。
せっかくプライベートの時間を削ってまでメールをしたのにも関わらず、メールをした内容と違う内容をお客さんに話してしまっては固定客にすることができないでしょう。
そんなミスを犯さないためにはやはり手帳にメモすることが最も大事と言えるのではないでしょうか。
当サイトでも紹介させてもらっているの手帳があるのですが、キャバ嬢やホステスのために作られた手帳です。
まだ持っていない人は一度チェックしてみてくださいね。
2015年は手帳にお客さんがどんな人なのかメモして覚えよう。