お客さんとのメールはグループ分けをして整理しよう。

ランク別にグループ分けをすることでより効率的にメールができる。

今、あなたはあなたの貴重な時間を使ってまでもメールをしているのではないでしょうか。
正直時間がもったいないしもっと自分の時間が欲しいと思っていませんか?
だったらお客さんからのメールはしっかりとランク別に整理してグループ分けするべきです。

来店頻度別にランク分けをする。

お客さんの来店頻度による分け方だとよく合いに来てくれる人にはしっかりと返すように。そうでない人にはそれなりの間隔をあけたりすることができる。特にこちら側からメールを送る際に来店頻度が高い人がすぐにわかるという点は一番の利点と言えるでしょう。

お金をどれだけつかっていくかによってランク分けする。

これはとにかく自分にとっての売り上げを最優先するパターンです。やはりよくお金を落としていく人はお客さんとしてしっかり固定客になってほしいものです。ランクが高い人には必然的にメールを返すようになるでしょう。
しかし来店頻度が高いのにあまりお金を落とさない人はランクが下がってしまう可能性が高い為あまりオススメはできません。

自分が固定客になってほしい順にランク分けする。

これはあなたが何を求めるかによって変わるパターンです。例えば、話が合う、顔がタイプといったように仕事に対するモチベーションが上がる順番でランク分けしていきます。お客さんにとってはとても嬉しいことかもしれませんが、後々の売り上げを考えるとこのランク分けは一番してはいけないことかもしれません。

来店頻度とオリジナルを組み合わせよう。

基本はやはり来店頻度でランク分けをするのがいいでしょう。そこからその中でもよくお金を落とす人、顔がタイプの人とラベルで色分けのようなことをするととてもわかりやすくなります。
例えば、黄色はよくお金を落とす、赤色は全然お金を落とさない、水色は盛り上がり次第ではよくお金を落とすといったようにわけると特にわかりやすいでしょう。
またランク等もしっかりとスケジュール帳にメモしておくと携帯の中でも整理できるし、紙で見ても整理されている状態になりますので情報の整理はしっかりとしておきましょう。
手帳をもっていないのであればオススメの手帳を紹介しているので是非チェックしてみてください。

2016年版のキャバ嬢にオススメのスケジュール手帳

2014.11.08