novelty

ESPERANZAがソーシャルブランドとのノベルティキャンペーン

ESPERANZAといえばハイヒールでお馴染みのブランドですね。
そんなエスペランサが4/29(水)からカンボジアで作られたビーチサンダルをノベルティとして配布します。

公式サイトはコチラ
サバイヤバイ

そもそもソーシャルブランドってなに?

SABAAIYA BYはソーシャルブランドですとなっていますが、そもそもそれはなんなのでしょうか。
ソーシャルとは社会的という意味。
中東で作られるものは、現地での労働者が低賃金で雇われ、過酷な状況で働いて作ったものが多く問題視されています。
そのような社会問題を解決するために立ち上げられたのがこのSABAAIYA BYです。(管理人の勝手な解釈)

中東での問題

カンボジアの首都プノンペンでは、2ドルで少女を買うことが出来る。世界中の小児愛好者にとって、プノンペンはまさに聖地だ。2008年、カンボジアでは人身売買を禁止し売春や売春宿の運営を規制する法律が制定され、取締りは厳しくなっているという。

映像に登場する女性は、強制的に売春を辞めさせられ縫製工場で働いたが、あまりに給料が低いことと劣悪な労働環境を理由に、売春の方が「まだマシ」と判断したようだ。

お金のない親に売りに出された少女が、ほとんど賃金も与えられず、半ば監禁状態で性労働を強制させられている現実や、HIV感染拡大防止のためだと聞けば、当局の取締り強化もうなずけるが、売春を止めた先に待つ現実が一層貧しいものだとすれば、彼女たちは何を選べばいいのだろう。

VICE NEWS-ファストファッションの代償ー売春か過酷労働か

このように労働が過酷すぎるため売春に再び戻ってしまう。
彼女たちは日本のような生活に憧れているでしょう。

SABAAIYA BY

SABAAIYA BYはサバイヤバイと読みます。
今回はノベルティとして配られているそうですが今後も何か新しいことをしてくれそうな雰囲気がでています。
せっかく私たち消費者が商品を買うのなら、誰もがハッピーになれる商品がいいと私は思います。
だからこのようなブランドや企画はとても共感できますし今後ももっと増えて来てほしいなと思います。

またこのように自分が買って、人のためになるっていうことは素晴らしいですね。物欲も満たされますがもっと向こうにある精神的な部分まで満たされる気がします。

novelty